Leksell Stereotactic System

侵襲を最低限に抑えた定位脳手術のためのシステム

Leksell Stereotactic Systemは高い精度が求められる頭蓋内手術でご使用頂くシステムです。優れたイメージング、厳密な固定ができるプラットフォーム、簡単な操作で、脳手術に求められる正確さを実現します。

また、正確さと柔軟性が求められる生検でも広く使われています。

すばやく容易に操作でき、汎用性の高いシステムで、構成品の中にはLeksell Coordinate FrameとLeksell Multipurpose Stereotactic Arcが含まれています。x、y、z各軸の座標を使い、3次元で位置を決定するしくみです。半円形のアークの中心に3次元の座標で病巣部のターゲットを設定する原理により、頭蓋内のどの部位にもアクセスが可能です。

Leksell Stereotactic Systemの特色

  • 診断、治療ともに対応
  • 正確さ:確実な固定を追求した装置
  • 考え抜かれた設計:精密かつシンプル
  • 高い汎用性:幅広い分野に適用
  • 世界各国の1400以上の医療機関で導入

Stereotactic Neurosurgery

定位脳手術は最小限の侵襲で脳内にあるターゲットの位置を決定特定し、治療を行う方法です。診断・治療の双方で用いられています。

【承認番号】21600BZY00354000 【販売名】レクセル定位脳放射線位置決め装置
【承認番号】22300BZX00206000 【販売名】ディスポーザブル バイオプシーニードルキット

【届出番号】13B1X10101000029 【販売名】レクセル マイクロドライブ
【届出番号】13B1X10101000010 【販売名】バックルンド バイオプシー キット
【届出番号】13B1X10101000012 【販売名】カテーテル インサーション ニード
【届出番号】13B1X10101000015 【販売名】サルクマン ツイスト ドリル キット