Elekta Software

image

物理サービス/ダウンロード資料

エレクタでは、ビームモデリングに関する業務をアプリケーションフィジックスチームが担当しています。
ビームモデリングには、データの物理的特性・モデリングのテクニック・アルゴリズムの概要などの多くの知識が必要とされます。ビームモデリングで培った知識や経験を、お客様に参考資料として提供したり、各種学会・研究会で紹介することも我々の活動の一つとしています。

当ページでご案内している資料内容の無断転載などはお控えください

お役立ち資料

このセクションでは、モデリング依頼時にご記入いただく『お伺いシート』や治療計画装置に登録する相対密度に関する資料から、エレクタ治療機に関する一部資料までダウンロードしていただけます。


CT-rED変換テーブル取得に関する資料

治療計画装置による線量計算において不均質補正を行うには、CT値-電子密度(CT-rED)テーブルが必要となります。CT-rED変換テーブルに関する資料を用意しました。


『不均質補正を有効にご活用いただくために』

弊社はCT-EDファントムのレンタルサ−ビスを提供しております。詳しくはこちらの資料をご覧ください。

『CT-EDファントム-ご利用の手引き』

CT-EDファントムを使用してデータを取得する際の手引きを用意しましたのでご参照ください。

『CT-EDファントム撮影方法のビデオ』

CT-EDファントムの撮影方法を順に説明した映像資料を作成しました。CT-EDファントムの構成の説明から実際にCTに設置するところまでを、動画でご紹介しています。

『CT値記録用紙』

取得したCT値の記録用紙として以下の書式をご利用ください。
※なお、GAMMEXのCTファントムの場合、シリアルナンバーによって電子密度が異なりますので、必ず使用されたCTファントムと同じシリアルナンバーの記録用紙をご使用ください。

『CT値記録用紙』(GAMMEX社製 82328-1240)
『CT値記録用紙』(GAMMEX社製 82328-1124)
『CT値記録用紙』(CIRS社製03-0751A)
『CT値記録用紙』(CIRS社製03-829A)

モデリング実施に向けて


『Beam Modeling お伺いシート(Monaco用)』

モデリングをご依頼いただいたご施設には、『Beam Modeling お伺いシート』へのご記入をお願いしております。このご記入により、モデリング作業上必須である情報、例えばモデリングの時期や測定の立会いの必要性、モデリングの内容等が明確になり、モデリング作業を円滑に進めることができます。この書類は、エレクタの営業担当からお渡しするほか、このセクションでもダウンロードが可能です。
モデリング作業に不可欠な『Beam Modeling お伺いシート』のお早めの提出にご協力いただけますようお願いいたします。

『モデリング測定に必要な各種検出器について』

エレクタが提供している治療計画装置のモデリング測定に必要となる検出器のリストです。モデリングを依頼される前に、ご希望のモデリング内容に適応する検出器をご施設でお持ちかどうかご確認ください。

『モデリング用データ取得に要する時間』

モデリングのために必要となるデータ取得時間についてご説明した文書です。ファントムや検出器の設置には思いのほか時間がかかり、普段から測定を行っていない場合には、測定スケジュールに余裕を持たせる必要があるかもしれません。実際に測定を始められる前には、必要な時間をご確認ください。

TPSコミッショニング文献リスト

放射線治療計画装置のコミッショニングのための文献紹介です。それぞれの文献の特徴を説明しております。コミッショニング、もしくは日々の品質管理プログラム作成時に、参考になさってください。


治療機関連の資料

エレクタ治療機に関する補足資料をご用意しました。


『AgilityのGuard Leafとモニター校正について』

弊社のAgility MLCではGuard Leafという特殊な照射野形成の仕組みを採用していますが、機器の組み合わせによってはこの方法は使用できません。Guard Leafを使用する/しないという二つの制御モードがあるために、基準照射野の「10x10」も二通りあり、したがってモニター校正の際にこれを混同すると、多くの患者様を誤照射に巻き込む可能性もあります。この文書では基本的な考え方と、安全なモニター校正の方法を紹介しています。

『Agilityガードリーフの対数と線量分布の比較』

Agility MLCではGuard Leafとして照射野の最上下端の外側2対ずつ(1cmずつ)開きます。これはエレクタ製治療計画装置を使用する場合の基本的な動作モードですが、他社製治療計画装置にはGuard Leafとして考慮できるリーフが1対しかない製品またはGuard Leafを考慮できない製品があります。
この資料では、Guard Leafの動作モードによってどのくらい測定結果に差があるか、ビームモデリング用測定で使いまわすことは可能かなどの検証結果が記載されています。Guard Leafの動作モードが異なる治療計画装置を併用する場合には、こちらを参考になさってください。

『Aktina社製電子線ブロック作成キット使用法』

Aktina社製電子線ブロック作成キットの使用法を動画でご紹介しています。使用法によってできあがりのブロック厚が1.0cmになる場合と1.6cmになる場合がありますので、特にMonacoの電子線モンテカルロのデータをご送付いただく前にご覧になることをお勧めします。

『リニアック品質管理の重要性-推奨項目とその実施方法』

リニアック(IGRT機器を含む)の品質管理のうち、特に機械的・幾何学的な部分について、その概要と、毎朝行えるように考案された簡単の点検方法を紹介した文書です。

『フェンステスト』

MLCの精度管理は、リーフ位置の幾何学的精度と継続的な安定性を確保することが重要となります。TG-142ではMLCの一精度管理として、視覚的な評価を週に一度、定量的な解析を月に一度実施することが推奨されています。MLCに関する試験方法の一例として、フェンステスト用プランをプランファイルの取り込み方法と利用方法について解説した手順書と合わせて用意いたしました。

『フェンステスト手順書 for Agility』
『プランファイル for Agility』
『フェンステスト手順書 for MLCi』
『プランファイル for MLCi』