Elekta Software

image

物理サービス/ダウンロード資料

エレクタの物理部は主にビームモデリングに関する業務を担当しております。
ビームモデリングの作業には、データの物理的特性・測定のテクニック・モデリングのテクニック・アルゴリズムの概要など多くの知識が必要です。
ビームモデリングで培ったそうした知識や経験を、お客様に参考資料として提供したり、各種学会・研究会等でご紹介したりすることも我々の活動の1つとしております。

Beam Data Modeling Serviceのご案内(デジタルカタログ)

当ページでご案内している資料内容の無断転載などはお控えください

お知らせ

物理部からの最新情報を随時こちらに掲載いたします。是非ブックマークしていただきご活用ください。

2017/02/14

資料アップロードのご案内
以下の資料を一部改訂いたしました。

    『水吸収線量(Dw)と組織吸収線量(Dm)について』
「Monaco」ページよりダウンロードしていただけます。



2017/01/11

Monacoモデリング用測定項目の一部改定について
X線の測定において、ウェッジのStar ProfileとHead Scatter(Sc)が不要となり、オープン照射野では5x40と40x5のPDDとTSCFが追加になりました。

資料アップロードのご案内
以下の資料を一部改訂いたしました。

    『Monacoビームデータ測定の手引き』
    『Monaco記入シート(Elekta治療機用)』
    『Monaco記入シート(Varian治療機用)』
    『Monaco記入シート(Siemens治療機用)』
    『MLCパラメータ調整記入シート(2次元検出器用)』
    『MLCパラメータ調整記入シート(3次元検出器用)』
    『Diagonalスキャン測定座標』
    『測定項目チェックシート(Monaco)』
    『Monaco Technical Referenceの紹介』
「Monaco」ページよりダウンロードしていただけます。



2016/10/11

資料アップロードのご案内
以下の資料を新しく公開いたしました。

    『リニアック品質管理の重要性-推奨項目とその実施方法』
「リニアックQA」ページよりダウンロードしていただけます。
この文書は広島高精度放射線治療センターの小澤修一先生のご指導を頂き、弊社が作成したものです。

※なお本資料の公開に伴い、これまで「フェンステスト」としていたページを「リニアックQA」と改めました。



2016/6/14

資料アップロードのご案内
以下の資料を一部改訂いたしました。

    『Monacoビームデータ測定の手引き』
    『Monaco記入シート(Elekta治療機用)』
    『Monaco記入シート(Varian治療機用)』
    『Monaco記入シート(Siemens治療機用)』
    『MLCパラメータ調整方法』
「Monaco」ページよりダウンロードしていただけます。



2015/12/11

資料アップロードのご案内
以下の資料を一部改訂いたしました。

    『水吸収線量(Dw)と組織吸収線量(Dm)について』
    『Monacoビームデータ測定の手引き』
「Monaco」ページよりダウンロードしていただけます。



2015/11/25

資料アップロードのご案内
以下の資料をアップロードいたしました。

    『水吸収線量(Dw)と組織吸収線量(Dm)について』
「Monaco」ページよりダウンロードしていただけます。



2015/11/19

資料改訂のご案内
以下の資料を改訂いたしました。

    『Monacoビームデータ測定の手引き』
    第5版となります。ご活用ください。
「Monaco」ページよりダウンロードしていただけます。



2015/11/16

資料アップロードのご案内
以下の資料を新しく公開いたしました。

    『ビームデータ測定時のElekta治療機操作手順』
「Monaco」ページよりダウンロードしていただけます。
    『XiO計算結果中級編テキスト』
「XiO」ページよりダウンロードしていただけます。



2015/11/11

11月、12月開催Monacoトレーニング講師紹介

    11月13〜15日『Monaco コンベンショナルトレーニング』 講師:三宅(物理部)、サポート:平山・伊藤(アプリ)
    11月25〜27日『Monaco IMRTトレーニング』 講師:大島(物理部)、サポート:中川(アプリ)
    12月14〜16日『Monaco コンベンショナルトレーニング』 講師:伊藤(アプリ)、サポート:北里・平山(アプリ)・土屋(物理部)
    12月17〜18日『Monaco IMRTトレーニング』 講師:大島(物理部)、サポート:北里・平山・伊藤(アプリ)
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。


資料アップロードのご案内
以下の資料を新しく公開いたしました。

    『Monacoビームデータ測定の手引き』
    『Monaco記入シート』
    『MLCパラメータ調整方法』
    『MLCパラメータ調整記入シート』
    『タイプF測定項目のMonacoテンプレート』
    『タイプF測定項目のDICOMファイル』
    『仮想ファントムデータ』
「Monaco」ページよりダウンロードしていただけます。



2015/08/04

資料アップロードのご案内
以下の資料を新しく公開いたしました。

    『Agilityのガードリーフとモニター校正について』を追加しました。
「モデリング依頼/測定」よりダウンロードしていただけます。
    『Monac MLC Dynamics Parameters設定ガイド(5.00.04以前)』を追加しました。
「Monaco」の「その他資料」よりダウンロードしていただけます。



2015/07/31

資料アップロードのご案内
『Monaco ビームデータ測定の手引き』と他関連資料を追加しました。
「Monaco/モデリングに必要な測定項目」よりダウンロードしていただけます。



2015/07/30

資料アップロードのご案内
2015年6月に大阪で開催されたSoftware Workshop資料を追加しました。
内容は去年九州で開催されたときと同じですが、質問事項や演題をさらに多く取り入れました。
『CT-ED変換は、線量計算にどう影響するか?』
「発表資料」よりダウンロードしていただけます。



2015/06/18

資料アップロードのご案内
Xio用に作成されていた以下の資料を、Monacoを考慮し更新しました。
『モデリング測定に必要な検出器』
『モデリング用データ取得に要する時間・線量』
「モデリング依頼/測定」よりダウンロードしていただけます。



2015/04/20

資料アップロードのご案内
以下の資料を更新しました。
『XiO Inside』
「XiO」の「その他資料」よりダウンロードしていただけます。
下記4項目を追加しました。
・Elektaリニアックにおける不整形照射野の計算について
・ConvolutionとSuperpositionの均質中における計算について
・データのインポート・エクスポートする際の座標系の扱いについて
・Teletherapyのsource Dataに表示される各項目について

4月開催『測定knowhowコース』講師紹介
4月22-24日に開催される「測定knowhowコース」の講師が以下の通り決定しました。
講師は大島(物理部)、サポートは三宅(物理部)が担当します。
TPSのビームデータ測定に関する唯一のトレーニングコースで、
実際にSynergyと3D水ファントムを使用してビームデータを取得します。



2013/11/26

資料アップロードのご案内
以下の資料を更新しました。
『Beam Modeling お伺いシート(Monaco用)』
Monaco5.0に対応しました。
「モデリング依頼」の「Beam Modelingお伺いシート」よりダウンロード可能です。

『Monaco Beam Data Collection Worksheets』
『Monaco Beam Data Collection Worksheets(mMLC)』
『Monaco Beam Data Collection Worksheets(Beam Modulator)』
Elekta Agilityに対応しました。
「Monaco」の「モデリングに必要な測定項目」よりダウンロード可能です。



2012/8/10

資料アップロードのご案内
以下の資料を更新しました。「XiO」の「その他資料」よりダウンロードしていただけます。

『XiO inside』
下記の3項目を追加し、表紙のデザインも一新しました。夏休みの読書にぜひ。
・ハーフビームのつなぎ合わせ
・ELEKTAリニアックのひし形照射野の計算
・Theretherapyメニューから表示できるSource Indexの項目

2012/6/5

資料アップロードのご案内
以下の資料を新たにアップロードしました。

『2012東北オンコロジーミーティング基礎物理セミナー PDDと放射線基礎物理』
2012年6月2日に仙台にて行われました東北オンコロジーミーティングで開催した基礎物理セミナーのテキスト(修正版)です。 「XiO」の「その他資料」よりダウンロードしていただけます。 なお、本資料はエレクタ製品のユーザーの皆様に限定してご提供しております。どうぞご了承ください。

朝早くからのセミナーにも関わらずご参加いただきました皆様、ありがとうございました。また、アンケートへ暖かいコメントをお寄せいただきましてありがとうございま。初めての試みということもあり多々至らぬ点もあったかと存じますが、次回につなげられるよう努力して参ります。次回も皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

2012/4/27

資料アップロードのご案内
以下の3資料を新たにアップロードしました。

【1】『治療計画システムについて〜線量計算ソフトウェアのメカニズム』
2012年4月15日横浜で開催された第68回日本放射線技術学会総会学術大会で高橋が行なったプレゼンテーションをご希望のユーザー様は 「XiO」の「発表資料」からお申し込み下さい。 なお、本資料はエレクタ製品のユーザーの皆様に限定してご提供しております。どうぞご了承ください。

【2】『XiOビームデータ受け入れ試験の手引き・記入シート』
弊社にてモデリングを行ったXiO用ビームデータを、ご施設へ納品する際に必要になる手順および確認事項についてまとめ、 それぞれの項目について解説したドキュメントとベンチマークテストの結果記入シートです。
「XiO」の「モデリングに必要な測定項目」よりダウンロード可能です。

【3】『ERGO++TIPS 』
Ergo++のEvToolsを使用して同じStudyの複数プランの線量を比較および足し合わせるための操作方法をご説明した資料です。
「Ergo++」の「その他資料」よりダウンロード可能です。


2012/1/18

XiO TIPS集(改訂版XiO4.62用)、ABAS操作説明書をアップロードしました
二つの資料を新たにアップロードしました。
【1】XiO TIPS集(改訂版) ー XiOのPatient File Maintenance機能とTeletherapy機能における操作の裏技を説明したTIPS集です。
「〜を行うための操作方法が知りたい」といったお客様向けに、操作項目をまとめた資料となっております。
この他にXiOのバージョンアップに伴う新機能なども紹介しており、今後も順次アップデートして参ります。宜しくお願い致します。
ダウンロードはこちらからどうぞ!

【2】ABASトレーニング補助資料 ー ABASの簡易操作マニュアルとなります。 本マニュアルは、ABASをご購入いただいた施設様で実施する操作説明の補助資料です。ABASによる自動輪郭描写の操作説明を明快に解説した小冊子となっております。既にABASをご購入いただいたお客様、そして今後のご購入を考えているお客様も是非ご覧下さい。
ダウンロードはこちらからどうぞ!

2011/12/6

Ergo++操作説明書のアップしました
治療計画装置Ergo++の基本的な操作方法をご説明した「Ergo++操作説明書」がダウンロード可能となりました。本資料のダウンロードは、Ergo++ページの「その他の資料」からどうぞ。 もしくは、 こちらをクリックすると、本資料が表示されます。

2011/11/17

弊社の治療計画装置に関する資料ダウンロードサービスのご案内
2012年1月より、治療計画装置の無償法期間中のお客様、および、保守契約を締結していただいているお客様を対象に、治療計画装置の資料やトレーニング用教材がウェブからダウンロード可能となります。 本サービスのご案内は こちらをご覧下さい。

2011/11/16

資料アップロードのご案内
大変長らくお待たせしました。遂に Monaco 3.00 の日本語版トレーニングガイドの Validation が完了しました。 こちらからダウンロードいただけますので是非ご活用下さい。

2011/11/04

12月開催『SFMトレーニング』講師紹介
12月2,3日に弊社トレーニングセンターで開催される「SFMトレーニング」の講師が以下の通り決定しました。 講師は田中(物理部)、サポートは中林(物理部)が担当します。 モデリングに関する唯一のトレーニングコースです。自施設でのXiOモデリングに興味をお持ちの方にお勧めです。

CT-EDテーブルに関する資料を追加しました
XiOの不均質補正を有効にご活用いただくには、CT-EDテーブルが必須です。弊社では、CT-EDファントムのレンタルサービスを行っております。 これに関する新しい資料「XiOの不均質補正機能を有効にご活用いただくために 〜CT to EDファントム レンタルサービスのご紹介〜」をアップしました。 こちらからご覧いただけます。

2011/11/01

11月開催『XiOの計算結果の確認〜入門編』講師紹介
11月29,30日に弊社トレーニングセンターで開催される「XiOの計算結果の確認〜入門編」の講師が以下の通り決定しました。 1日目のXiO操作に関する講義の講師は和田(物理部)が担当し、実習形式の2日目には講師として千葉県がんセンターの遠山尚紀先生にお越しいただくことが決定しました。サポートは両日とも平井(物理部)が担当します。 実習をベースに講師や参加者と活発に意見交換しましょう!本トレーニングを受講された方々の声はこちらからご覧いただけます。

JASTRO学会への参加者のお知らせ
2011年11月17日(木)〜19日(土)開催の日本放射線腫瘍学会 第24回学術大会(神戸ポートピアホテル)へ物理部から平井が参加します。 その他、ブースでは弊社のフィールドサービスが製品のご説明とデモンストレーションを行っておりますので、学会へ参加された際にはぜひお立ち寄り下さい。

2011/10/12

FileTransferUtilityの使用方法をアップしました
弊社ではメールで送受信ができないような容量が大きいデータをお客様と受け渡しする為、File Transfer utilityというシステムをご用意しております。モデリング用の測定データを提出される際などにご利用下さい。 こちらからご覧いただけます。

2011/06/24

電子密度ファントムの撮影方法に関する映像資料公開!
電子密度ファントム(CTファントム)の撮影方法のビデオをアップロードしました。 CTファントムの取り扱い方や、撮影手順を丁寧に解説した映像資料となります。こちらのページの『CTファントム撮影方法のビデオ』からダウンロードできます。 ※ファイル形式は WMV で、容量は約12MBとなっております。

2011/06/18

7月開催『XiOの計算結果の確認〜入門編』講師紹介
7月14,15日に弊社トレーニングセンターで開催される「XiOの計算結果の確認〜入門編」の講師が以下の通り決定しました。 1日目のXiO操作に関する講義の講師は坂間(物理部)が担当し、実習形式の2日目には講師として千葉県がんセンターの小玉 卓史先生にお越しいただくことが決定しました。サポートは両日とも切山(物理部)が担当します。 実習をベースに講師や参加者と活発に意見交換しましょう!本トレーニングを受講された方々の声はこちらからご覧いただけます。


2011/6/9

CT値-電子密度変換テーブルの取得に関する資料をアップしました
弊社では、CT値-電子密度変換(CT-ED)テーブルを取得する為のCTファントムのお貸し出しを行っております。データ取得方法や取得に際してご注意いただきたい点をまとめた「CTファントムご利用の手引き」を作成いたしました。また、それに合わせて、取得したデータを記録する用紙をご用意致しましたのでご利用下さい。
ダウンロードは、「モデリング依頼/測定」ページの「CT-EDテーブル取得に関する資料」からどうぞ。

2011/05/31

☆新トレーニング参加者の感想をご紹介します☆
5/27、28に開催された新しいトレーニング「計算結果の確認〜初級編」は大好評のうちに終了しました。
参加された方々の感想を以下にご紹介します!

〜トレーニング参加者の声〜
・他施設の情報が聞けてよかった。また、講義形式(ディスカッション)がとても良かった。
・ディスカッション方式のトレーニングで理解が深まった。
・参加型の講義で受講者全員でで考えている感じが良かった。
・自施設のデータを使用するため、よりいっそう真剣になって取り組むことができた。
・検証やコミッショニングの重要性を良く理解できた。
・千葉県がんセンターの小島先生の講義が分かりやすくてよかった。

このトレーニングは、1日目に線量計算の確認方法や仮想ファントムの作成方法を実習し、2日目に外部講師によるディスカッション形式の講義を行っています。 自施設の実測結果と計算結果の確認ができるだけでなく、講師や他施設の方々と活発に議論することで新たな知識を身につけることができます。 今までとはちょっと違った「受講者全員で考えてディスカッションする」という新しいトレーニング、皆様もぜひ体験してみてください!
次回は7月開催予定です。詳しくは、トレーニングのページをご覧下さい。

2011/05/30

ダウンロード資料の一部を改訂しました
物理サービスのメールアドレス変更に伴って、『ビームデータ測定項目の手引き』、『データ記入シート』、『BeamModelingお伺いシート』に記載されているアドレスを変更致しました。

2011/05/24

『ビームデータ測定の手引き 第一巻 必要情報』を改訂しました
任意測定の項目に関する説明文を追加しました。ダウンロードは「XiO」の「モデリングに必要な測定項目」からどうぞ。

2011/05/18

『スキャンデータ測定に要する時間』をアップしました
治療計画装置のモデリングのために水ファントムと検出器を操作してスキャンデータを測定する場合、 どの位の日数がかかるかご存知ですか? ファントムや検出器の設置は思いのほか時間がかかります。普段から測定を行っていない場合には、さらに余裕を持った測定スケジュールが必要になるかもしれません。実際に測定を始める前に、作業内容をシミュレーションして必要な時間を確認しましょう。ダウンロードは「モデリング依頼/測定」からどうぞ。

2011/05/17

5月開催『XiOの計算結果の確認〜入門編』(2日目)の講師ご紹介
5月27,28日に弊社トレーニングセンターで開催される「XiOの計算結果の確認〜入門編」の講師が以下の通り決定しました。 1日目のXiO操作に関する講義の講師は和田(物理部)、サポートは坂間(物理部)です。実習形式の2日目には講師として千葉県がんセンターの小島 徹先生にお越しいただくことが決定しました。実習をベースに講師や参加者と活発に意見交換しましょう!さらにパワーアップしたトレーニングにご期待下さい!(5月開催の本トレーニングのお申し込みは終了しました。次回開催は7月14,15日です)

『XiOにおいて定位放射線治療計画を立てる際の注意事項』をアップしました
XiOにおいて定位放射線治療計画を立てる際の基本的な注意事項をまとめました。本資料のダウンロードは「発表資料」ページの「その他資料」からどうぞ。

2011/03/31

クラークソン・アルゴリズムに関する資料をアップしました
新しくクラークソン・アルゴリズムに関する資料を作成しました。その名も『クラークソンなんて恐くない』です! 線量計算はさっぱり分からないという方もご心配なく。初心者向けの理論からマニア向けの細かい計算まで網羅しています。 実際に”人力で”クラークソン積分した例は必見です!これであなたも”クラークソンなんて恐くない”! ダウンロードは「XiO」の「その他資料」からどうぞ。

2011/03/04

2011エレクタオンコロジーミーティングin東京に物理部・中林が出席します
明日、3月5日に東京ステーションコンファレンスにて行われるオンコロジーミーティングに物理部から中林が参加致します。

クラークソン・アルゴリズムに関する資料をアップしました
新しくクラークソン・アルゴリズムに関する資料を作成しました。その名も『クラークソンなんて恐くない』です! 線量計算はさっぱり分からないという方もご心配なく。初心者向けの理論からマニア向けの細かい計算まで網羅しています。 実際に”人力で”クラークソン積分した例は必見です!これであなたも”クラークソンなんて恐くない”! ダウンロードは「XiO」の「その他資料」からどうぞ。

2011/03/01

「ビームデータ登録項目の手引き」(「手引き」)説明会開催のお知らせ
新規のXiOユーザー様を主な対象とするXiOの「手引き」説明会開催のお知らせです。 XiOに登録するビームデータの取得方法や注意点を「手引き」に則ってご説明致します。
第12回説明会は3月25日から3月17日に日程変更致しました。
<参加されるユーザー様へ>
本説明会は、参加をご希望されるユーザー様の自費による自由参加となっております。 参加ご希望のユーザー様は下記までご連絡くださいますようお願い申し上げます。
 CMS-Physics-Japan@elekta.com 
 手引き説明会担当(物理部スタッフ)まで
※ご参加の際には、ご施設の治療機に対応する「手引き」「データ記入シート」をご持参ください。

<開催日時>
第 7回説明会 10月22日(金)13:00~(担当者 和田):終了しました
第 8回説明会 11月26日(金)13:00~(担当者 田中):終了しました
第 9回説明会 12月21日(火)13:00~(担当者 切山):終了しました
第10回説明会  1月27日(木)13:00~(担当者 中林):終了しました
第11回説明会  2月16日(水)13:00~(担当者 坂間):終了しました
第12回説明会  3月17日(木) 午後~(担当者 平井)

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

2011/02/25

『MLC CONSTANT GAP Q PLANの作成方法』資料をアップしました
ある一定のMLC GAPがDynamicに移動するQAプランをErgo++で作成する方法をご説明している資料です。 ダウンロードは「Ergo++」のページからどうぞ。

2011/02/24

『モデリング測定に必要となる各種検出器について』資料をアップしました
エレクタの提供している治療計画装置のモデリング測定において、必要となる各種検出器のリストを作成しました。 ダウンロードは「モデリング依頼」のページからどうぞ。

2011/02/21

XiO Insideを更新しました
XiO Insideの第4版をアップいたしました。PDDからTPRを求める方法の項目が詳しくなりました。
ダウンロードはこちらからどうぞ。

放射線治療品質管理士講習会レポート課題について
XiO に登録されている TSCF、PSCF、PDD、TPR各データの参照につきましては、 弊社の平成22年度トレーニング QAツールコース教材をダウンロードして、第2章 A. 登録データの確認方法をご参照ください。
右のカラムからトレーニングご案内をクリックし、 平成22年度のトレーニング概要から フォローアップコース(1日目)+QAツールコース(2日目)をクリックし、 その先のリンクをクリックすることでもダウンロード可能です。

XiOで採用されているPDDからTPRへの変換法については、XiO Inside 第4版をご参照ください。

2011/02/16

Monaco用資料を更新しました
Monaco用『Beam Modeling お伺いシート』と『記入シート』を更新しました。 

2010/10/12

光子線円筒形コリメータの『手引き』と『記入シート』が追加されました
新たに光子線の円筒形コリメータ用『ビームデータ登録項目の手引き』と『記入シート』が追加されました。 こちらは全メーカー共通の資料となっております。 

2010/10/6

新しい資料が追加されました
お待たせいたしました! 電子線ペンシルビームアルゴリズムの資料「電子線ペンシルビーム・モデリングのABC」が資料ページに追加されました。 ペンシルビームの基礎からモデリング方法までを幅広く丁寧にご説明しています。 これ1冊であなたも電子線ペンシルビームマスター!

2010/10/5

XiOの「ビームデータ登録項目の手引き」と「記入シート」が新しくなりました
~「ビームデータ登録項目の手引き」に関する変更点~
・各社メーカー共通となりました
・下記の3巻構成となりました
第1巻:必要情報
第2巻:光子線
第3巻:電子線
※第3巻はPencil Beamアルゴリズム、Electron Monte Carloアルゴリズム共通となっております。

~「記入シート」に関する変更点~
・Pencil BeamアルゴリズムとElectron Monte Carloアルゴリズム共通となりました
※記入シートは従来通り、メーカーごとに異なるものをご用意しております。

2010/9/6

「QAツールコース」テキスト更新のお知らせ
XiO R4.6 リリースに伴って、ウェブにアップロードしてあるQAツールコースのテキストの内容を一部更新致しました。 是非ご活用下さい。 

2010/8/30

SFMツールコース資料のご案内
講義資料が8月30日より、弊社ホームページからダウンロード可能となりました。
興味のある方は CMSジャパンホームページ『トレーニング』サイト
http://www.cms-japan.com/c04.html
をご覧下さい。

2010/8/19

Elekta治療機用ビームモデリング資料改訂のお知らせ
Beam Modulator 対応Elekta 治療機の「XiO/FOCUSビームデータ登録項目の手引き」「データ記入シート(Beam Modulator用)」を改訂しました。 今後新しくモデリングをご依頼される施設様は、こちらの資料をダウンロード願います。

2010/8/12

平成22年度 第三回 関東RT研究会セミナーのお知らせ
関東RT研究会セミナー『放射線治療計画装置のコミッショニング(XiO編)』が9月18日(土)に弊社トレーニングセンターにて開催されます。 プログラム中の「RTPコミッショニングの実践」において、弊社・物理部の坂間がコミッショニングに関わるXiOの操作方法をご説明いたします。 より詳細な情報やお申し込みにつきましては、日本放射線技術学会 関東部会 関東RT研究会ホームページをご覧下さい。

慶應義塾大学がんプロフェッショナル養成プラン・高精度放射線治療の基礎知識再構築コースのお知らせ
高精度放射線治療の基礎知識再構築コースの実習が9月25日(土)と26日(日)に弊社トレーニングセンターにて行われます。 実習ではXiOを用いて前立腺や脳腫瘍のIMRT治療計画を作成します。弊社からは物理部の平井がサポートとして参加いたします。 より詳細な情報やお申し込みにつきましては、慶應義塾大学がんプロフェッショナル養成プラン事務局までお問い合わせ下さい。

2010/8/10

「手引き」説明会のお知らせ
2010年度前半分の「手引き」説明会、ご参加ありがとうございました。
8月、9月分の説明会はお休みします。10月以降の予定は 9月上旬にお知らせします。

QAツールコース資料のご案内
講義資料が8月16日より、弊社ホームページからダウンロード可能となります。
興味のある方は CMSジャパンホームページ『トレーニング』サイト
http://www.cms-japan.com/c04.html
をご覧下さい。

SFMコース資料のご案内
2010年度以降の講義資料が近日中に弊社ホームページからダウンロード可能となる予定です。
こちらの方も乞うご期待下さい。

2010/8/10 更新

「ビームデータ登録項目の手引き」(「手引き」)説明会開催のお知らせ
物理部スタッフによるXiOの「手引き」説明会を毎月1回、開催しております。 本説明会は、新規のXiOユーザー様を主な対象としております。 XiOに登録するビームデータの取得方法や注意点を「手引き」に則ってご説明致します。

<参加されるユーザー様へ>
本説明会は、参加をご希望されるユーザー様の自費による自由参加となっております。 参加ご希望のユーザー様は下記までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

 手引き説明会担当(物理部スタッフ)まで
※ご参加の際には、ご施設の治療機に対応する「手引き」「データ記入シート」をご持参ください。

<開催日時>
第1回説明会 2月17日(火)13:00~(担当者 平井):終了しました。
第2回説明会 3月17日(水)13:00~(担当者 和田):終了しました。
第3回説明会 4月22日(木)13:00~(担当者 坂間):終了しました。
第4回説明会 5月11日(火)13:00~(担当者 中林):終了しました。
第5回説明会 6月24日(木)13:00~(担当者 切山):終了しました。
第6回説明会 7月23日(金)13:00~(担当者 田中):終了しました。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

2010/6/11

Monacoの「ビームデータ登録項目の手引き」を改版しました
最新版である第4版は、エレクタのビームモジュレータに対応した内容となっております。 これに伴い、「記入シート」がビームモジュレータ用とその他治療機用の2種類となりましたので、 ご施設の各治療機に対応した「記入シート」をご利用下さい。 
※上記資料はMonacoの「モデリングに必要な測定項目」ページからダウンロード可能です。 

2010/6/9

【 メールアドレス変更のお知らせ 】
CMSジャパン物理部のメールアドレスが下記に変更となりました:

今後、『データ記入シート』・『スキャンデータ』のご提出等物理部スタッフとのやりとりは上記アドレスまでお願い致します。 ただし、従来のアドレス   も当分の間ご利用いただけます。よろしくお願いします。

XiO QAツールコースのご案内
従来の『ベーシックトレーニングII』の内容を刷新した新しいコースについてご案内します。 二日間を通して行われるコースは二つの内容に分かれております:
第一日目は治療計画を立てる方(プランナー)向けの『フォローアップコース』
第二日目は治療計画装置のQA/QCに携わる方の為の『QAツールコース』
第二日目の講師は物理部スタッフが勤めます。 ご興味のある方、詳しい内容を知りたい方はCMSジャパンホームページ「トレーニング」を是非ご覧下さい。

2010/4/13

第66回日本放射線技術学会で切山が行った講演資料をアップロードしました。
第66回日本放射線技術学会総会学術大会学術講演 入門講座12(放射線治療2)で、物理部の切山が 『治療用加速器ビームデータのコミッショニング』と題する講演を行いました。 発表資料は、物理サービスページの『発表資料』よりダウンロード可能となっております。

2010/3/23

電子線モンテカルロ用記入シートがダウンロードしていただけるようになりました
ダウンロードは、物理サービスページのXiOのモデリングに必要な測定項目より可能となっております。 なお、電子線モンテカルロには専用のライセンスが必要となりますので、ご注意下さい。 

物理部・切山が第66回日本放射線技術学会 総会学術大会の入門講座にて発表いたします
治療用加速器を導入してから治療開始までには、多岐にわたる運用試験が必要となります。 これらの試験結果は加速器を使用していく上での施設基準、また、治療計画装置の登録データとなります。 本講座では2008年にAAPM(American Association of Physicists in Medicine)が発刊した “加速器ビームデータの運用開始試験方法についてのガイドライン”を分かりやすくご説明いたします。

表題:「治療用加速器ビームデータのコミッショニング」
日時:2010年4月11日(日)午前8:00~9:00
場所:パシフィコ横浜・アネックスホール

2010/2/2

XiO 用モデリング資料の改訂を行いました。「ビームデータ登録項目の手引き」および「データ記入シート」の内容が一部改訂されました。 これらの資料はXiOユーザーの皆様から戴いたご意見・ご指摘を反映したものとなっております。是非ご利用下さい。

2010/1/22

2010年2月4日(木)~2月5日(金)、CMSジャパン本社にてSFMトレーニングが開催されます。SFMトレーニングは治療計画装置XiOのビームモデリング機能を紹介するコースです。内容はClarkson、Convolution/Superpostion法といった、光子線の線量計算アルゴリズムの説明や、モデリングの実習となっております。今回の講師は物理部・中林が担当します。

2009/11/20

CMSジャパンは本日より『CT to EDファントム貸し出しキャンペーン』を開始いたします。 キャンペーン期間は2010年2月20日(土)までとなっております。この機会にお客様の施設のCT値と電子密度の数値を確認されてはいかがでしょう?詳しくはこちらをご覧ください。 なお、本キャンペーン終了後にはCT to EDファントムの貸出費が改定となります。ご興味をお持ちになられましたら、お早めにお問い合わせください。

2009/11/19

CMSジャパンウェブサイトの「物理部サービス」ページをリニューアルしました。このリニューアルでは、『ビームデータ登録項目の手引き』を始めとする物理部作成書類をダウンロードできるようにいたしました。モデリングをご依頼いただくにあたってCMSジャパンへのご提出が必要な書類もダウンロードしていただけます。