Elekta Neuroscience

image

Leksell SurgiPlan®

Leksell SurgiPlan画面
Leksell SurgiPlan®

Leksell SurgiPlanは、レクセル定位脳手術装置専用に作られた画像による治療計画ソフトウェアです。
強力なLinuxベースのオペレーティングシステムと、豊富な機能を備えた治療計画ソフトウェアで、様々な治療計画が立てられます。


治療計画を行った患者データは、ハードディスクまたは、DATテープで保存することが可能です。
計画されたターゲットやパスのパラメータは、患者のデータと共にトリートメントプロトコルに要約されています。また、プリントアウトすることも可能です。
画面から直接スナップショットを得ることもでき、ドキュメントとしての印刷も可能です。

Leksell SurgiPlan座標模式図
頭部CT写真

(Option software)


■Functional Planning

AC-PCの決定
CT、MRIから転送された画像をもとにACとPCのポイントを決定します。
モニタに表示しているどの画像でも、ACとPCのポイント決定をすることができます。
最後にMRポイントを決定します。MRポイントとは、解剖学的な脳の正中のポイントを意味し、これによりレクセルフレームの取り付け方にかかわらず正確なターゲットの位置を知ることができます。

ターゲットの決定
Functional Target Fomulas のダイアログに数値入力することによりターゲットの座標及び画像にターゲットの位置を表示します。

ターゲットの変更
ターゲットを設定後でも変更及び新たなターゲットの追加を容易に行うことができます。

パスの設定
画像からパスを決定し、レクセルマルチパーパスアークのリングアングルとアークアングルを設定することにより治療計画通りのパスで手術を行うことができます。
画像表示は、Axial、Coronal、Sagittalの他に、パスの垂直方向から見た画像、パスと平行の画像及び3D画像を再構築し、表示します。
画像の配置は、よりわかりやすいレイアウトに変更することもできます。

Image Marge画面

■Image Merge

1.Better interpretation with additional images

CTとMRIの画像を重ね合わせることにより高画質な骨の画像と鮮明な組織画像を表示することができます。

また、オプションのColor PETTMでPET画像を取込めば、さらに生理学的データを画像に加えることができます。

2.Promoting flexible planning

イメージマージは、手術日以前にスキャニングした画像を取り込めるため、術前計画に柔軟性を持たせるのみならず、大幅に費用効果を改善します。

また、計画の柔軟性は、利便性や快適性にもつながります。

3.Improved follow-up

総合的な評価のためにイメージマージでは、術前術後の画像を手術に使用した画像と簡単に並べることができるようになっています。

4.Ease-of-use

イメージマージとオプションのColor PETTMは、レクセルサージプランと連動して画像表示できるため、正確な計画と術後の評価が行えます。いずれも簡単な操作で使いやすいソフトです。

Color PETTM画面

■Color PETTM integrates physiological data

Color PETTMは、イメージマージのオプションでPET画像のコレジストレーションや色分けされたPET画像の視覚化を行うことができます。

カラーマップは、ユーザー定義もできますが、数々のカラーマップサンプルも用意されています。

Color PETTMを使えば、ユーザーはPET画像の生理学的データとCTやMRI画像の解剖学的データを組み合わせることができます。

さらに、ユーザー定義のカラーマップを使用するPETスキャナの特性に組み込めるため、従来と同じPET画像を読み込むことができます。

■Pre Planning

フレームを装着していない画像に対して治療計画をするためのソフトウェアです。
手術当日にはフレームを装着した画像が必須となりますが、事前にフレームレスの画像を用いて仮の治療計画を立てておくと、当日はフレームを装着した画像を登録する*3と治療計画データ(AC-PCライン*4、ターゲットやパスなど)が反映されて治療計画が完成します。

手術日以前に治療計画ができることによって、手術当日の時間などを節約することができます。

*3別のオプションソフト「Image Merge」が必要となります。
*4別のオプションソフト「Functional Planning」が必要となります。