SRS & Oncology

image

Stereotactic Radiosurgery and Oncologyは、脳内疾患に対する定位放射線治療の情報誌です。脳神経外科、臨床腫瘍科、放射線科の先生の視点から、転移性脳腫瘍を始めとする定位放射線治療に関する最新の話題を発信しています。

冊子ご希望の方は、弊社ニューロサイエンス事業本部(Neuro-Japan@elekta.com)までご施設名・診療科・お名前を明記の上メールでご連絡ください。(対象は医療関係者のみとさせていただきます。)

最新号

Vol.3:特集:座談会
JCOG0504 転移性脳腫瘍に対する、腫瘍摘出術+全脳照射と腫瘍摘出術+Salvage Stereotactic Radiosurgeryとのランダム化比較試験

SRS and Oncology News ハイライト
脳転移数1‐3個の患者に対する定位放射線治療単独と定位放射線治療+全脳照射の認知機能に及ぼす影響の比較:無作為化臨床試験

バックナンバー

Vol.2:特集:座談会
肺がんからの脳転移に対する定位放射線治療

SRS and Oncology News ハイライト
非小細胞肺癌からの脳転移に対するガンマナイフ治療の転帰

Vol.1:特集:座談会
脳神経外科医、放射線科医、臨床腫瘍医が診療科を超えて語る、転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療の今と未来

SRS and Oncology News ハイライト
多発脳転移患者に対する定位放射線治療(JLGK0901):多施設前向き観察研究