文献紹介

image
Versa HD XVI Agility FFF Monaco
Elekta Synergy Elekta VMAT mMLC Symmetry XiO


Elekta Oncology


医療用リニアックについて
エレクタのリニアックの設計思想からIGRT、VMATまで
4次元放射線治療と呼吸性移動対策
《Elektaの呼吸性移動対策の考え方と対応する製品ソリューションを解説しています。さらに、治療中のintrafraction 4D CBCTを
用いて照射直前に位置決めした位置で治療できたことを治療直後に確認した論文を引用しています。》
電子線アプリケータの形状について

Versa HD™関連


Florian Stieler , Jens Fleckenstein, Anna Simeonova, Frederik Wenz, Frank Lohr
"Intensity modulated radiosurgery of brain metastases with flattening filter-free beams"
2013 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved. Radiotherapy and Oncology 109 (2013) 448-451
Versa HDとMonacoを用いた脳定位照射(20 Gy/1fr)に関する論文です。
FFFはFFと比較して、プランの質を保ちつつ同一MUで時間が半分以上低減しており、実測結果とも良い一致が見られております。Versa HDとMonacoを用いた定位照射の有用性が示されています。

Judit Boda-Heggemann , Sabine Mai , Jens Fleckenstein, Kerstin Siebenlist, Anna Simeonova, Michael Ehmann, Volker Steil, Frederik Wenz, Frank Lohr, Florian Stieler
"Flattening-filter-free intensity modulated breath-hold image-guided SABR (Stereotactic ABlative Radiotherapy) can be applied in a 15-min treatment slot"
Radiotherapy and Oncology 109 (2013) 505-509
通常、呼吸性移動を考慮するために治療時間がかかってしまう体幹部定位放射線治療を、Versa HDとMonacoの組み合わせで治療した報告です。FFFで短時間照射を行うことで、呼吸性移動を考慮した場合と同等の結果を得ています。

Elekta Synergy®関連


Onal C, Arslan G, Parlak C, Sonmez S
"Comparison of IMRT and VMAT plans with different energy levels using Monte-Carlo algorithm for prostate cancer"
Jpn J Radiol. 2014;32:224-32
中リスク前立腺がん12症例の治療計画を、Monacoを用いて6、 10、 15MVで立案し比較評価した結果、IMRTおよびVMATであれば、線量分布、MUがほぼ同じであることを示しています。従来の類似論文に比べて、詳細な比較結果がまとめられており、リニアック新規導入時のエネルギー選択決定時に参考になると思われます。

辰己 大作, 家永 晃功, 中田 良成, 四方田 あかね, 井上 誠, 市田 隆雄, 細野 雅子
"定位放射線照射における放射線アイソセンタの定量的管理手法の構築"
日本放射線技術学会雑誌 68巻10号 1333-39
アイソセンタの位置精度をWinston-Lutz testによって,簡便かつ定量的に管理する手法を構築した大阪市立大学の論文です。

辰己 大作, 中田 良成, 堤 真一, 坂本 真理子, 井上 誠, 市田 隆雄, 細野 雅子
"マイクロマルチリーフコリメータを用いた定位放射線照射システムの機械的精度評価"
日本放射線技術学会雑誌 67巻10号 1267-74
Elektaリニアックにマイクロマルチリーフコリメータを取り付けた場合のMVアイソセンタの精度評価手法を確立した論文です。

Yamaguchi S, Karasawa K, Furuya T, Fujita T, Tutumi Y, Miura K, Takada T, Ito K, Ozawa S
"Comparison of 4 MV photon surface dose among Varian, Siemens, and Elekta linear accelerators for tangential breast treatment: a phantom study"
Radiat Med. 2007 Jan;25(1):8-13
3社の4 MV リニアックを用いて、ファントムの表面線量を測定した順天堂大学から出た論文です。 3社のリニアックを所有する施設ならではの研究です。

XVI関連


北里 裕美子, 久家 教幸, 尻枝 勝敏, 圓崎 将大, 中口 裕二, 下東 吉信, 川崎 年久, 豊田 雅彦, 河原 大輔, 荒木 不次男, 川村 慎二
画像誘導放射線治療(IGRT)におけるCBCT の吸収線量評価―施設,装置間比較―
日本放射線技術学会雑誌 73巻4号 309-316
複数施設の参加により各社製リニアックでのCBCTの被ばく線量を比較した結果の報告です。XVIの被曝線量が低いことが示されています。

Kazunari Hioki, Fujio Araki, Takeshi Ohno, Yuuki Tomiyama and Yuji Nakaguchi
Monte Carlo-calculated patient organ doses from kV-cone beam CT in image-guided radiation therapy
Biomedical Physics & Engineering Express, Volume 1, Number 2 (2015)
コーンビームCTによる正常組織のdose volume histogramをモンテカルロ計算で比較した結果、Elekta製XVIの方が他社製に比べて低線量特性を示したことが報告されています。

J Barber, J R Sykes, L Holloway and D I Thwaites
Automatic image registration performance for two different CBCT systems; variation with imaging dose
Journal of Physics: Conference Series, Volume 489, conference 1 (2014)
本論文のFig.1に低被曝線量におけるElekta製XVIと他社製最新コーンビームCTのファントム画像が表示されています。Elekta製XVIの画質の方が良いことがわかります。

Kida S, Masutani Y, Yamashita H, Imae T, Matsuura T, Saotome N, Ohtomo K, Nakagawa K, Haga A
"In-treatment 4D cone-beam CT with image-based respiratory phase recognition"
Radiol Phys Technol. 2012;5:138-47
4D CBCTの新しい再構成手法を提案しています。投影画像間の相互相関処理により各投影画像に対する呼吸位相を求める方法です。したがって、4D 計画CTで、横隔膜と腫瘍が同時撮像されない場合にも適用可能なアルゴリズムです。

Sakumi A, Haga A, Kida S, Saotome N, Okano Y, Shiraishi K, Onoe T, Yoda K, Ohtomo K, Nakagawa K
"First in-situ dose calculation report using in-treatment kilovoltage cone-beam ct and in-treatment linac parameters during volumetric modulated arc therapy"
J Radiat Res. 2011;52(4):536-7
治療中のコーンビームCT画像と治療中のリニアックパラメータを用いて体内線量分布計算を試みた最初の報告です。

Nakagawa K, Kida S, Haga A, Masutani Y, Yamashita H, Imae T, Tanaka K, Ohtomo K, Iwai Y, Yoda K
"Cone beam computed tomography data acquisition during VMAT delivery with subsequent respiratory phase sorting based on projection image cross-correlation"
J Radiat Res. 2011;52(1):112-3
投影画像の相関演算による4次元コーンビームCT画像再構成法の報告です。

Nakagawa K, Haga A, Shiraishi K, Yamashita H, Igaki H, Terahara A, Ohtomo K, Saegusa S, Shiraki T, Oritate T, Yoda K
"First clinical cone-beam CT imaging during volumetric modulated arc therapy"
Radiother Oncol. 2009 Mar;90(3):422-3
前立腺のVMAT照射中にキロボルトコーンビームCTを撮像することに世界で最初に成功した東京大学の報告です。この画像はジャーナルの表紙に掲載されました。

Nakagawa K, Shiraishi K, Nakagawa K, Shiraishi K, Kida S, Haga A, Yamamoto K, Saegusa S, Terahara A, Itoh S, Ohtomo K, Yoda K
"First report on prostate displacements immediately before and after treatment relative to the position during VMAT delivery"
Acta Oncol. 2009;48(8):1206-8
コーンビームCT画像を用いて、VMAT中の前立腺位置に対して照射前後の前立腺位置誤差を評価した最初の報告です。

Igaki H, Nakagawa K, Yamashita H, Terahara A, Haga A, Shiraishi K, Sasano N, Yamamoto K, Onoe T, Yoda K, Ohtomo K
"Contrast media-assisted visualization of brain metastases by kilovoltage cone-beam CT"
Acta Oncol. 2009;48(2):314-7
キロボルトのコーンビームCTと造影剤を用いて転移性脳腫瘍を可視化した東京大学の論文で、より詳細な第2報です。

Nakagawa K, Yamashita H, Igaki H, Terahara A, Shiraishi K, Yoda K
"Contrast medium-assisted stereotactic image-guided radiotherapy using kilovoltage cone-beam computed tomography"
Radiat Med. 2008;26(9):570-2
世界で最初に造影剤を使った腫瘍のキロボルトコーンビームCT画像撮影に成功した東京大学の論文です。脳腫瘍と肝臓がんへのIGRT適用が提案されています。

Nakagawa K, Yamashita H, Shiraishi K, Igaki H, Terahara A, Nakamura N, Ohtomo K, Saegusa S, Shiraki T, Oritate T, Yoda K
"Verification of in-treatment tumor position using kilovoltage cone-beam computed tomography: a preliminary study"
Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2007;69(4):970-3
世界で最初に回転照射中のキロボルトコーンビームCT撮像に成功した東京大学の報告です。投稿した8日後に受理されています。

Agility関連


依田 潔(エレクタ株式会社)
最新の5mmリーフの特徴と呼吸性移動対策に関して
エレクタの5mmリーフMLCであるAgilityに関して概説しています。

Yoshio IWAI, Shuichi OZAWA, Tatsuya AGEISHI, Roberto PELLEGRINI and Kiyoshi YODA
"Feasibility of single-isocenter, multi-arc non-coplanar volumetric modulated arc therapy for multiple brain tumors using a linear accelerator with a 160-leaf multileaf collimator: a phantom study"
Journal of Radiation Research 55.5: 1015-1020
複数転移性脳腫瘍に対する単一アイソセンターのMonaco VMATで立案し、線量検証を報告した論文です。ターゲット数が9と14のファントムが用いられています。

mMLC関連


G A Godwin, J B Simplson and K V Mugabe
"Characterization of a dynamic multi-leaf collimator for stereotactic radiotherapy applications"
Physics in Medicine and Biology 57 (2012) 4643-4654
外付けMLCであるmMLCの特性を調査した論文です。ビームの特徴として、リーフ間の漏洩、照射野の辺縁線量、全散乱係数を、機械的特徴として、光照射野と実照射野の誤差や、リーフポジションとアイソセンタ指示点の精度が確認されています。AAPMなどから報告されている精度の推奨値が十分満たされていることを示しています。フラットビームの6MVと10MVのみが対象となっています。

Symmetry関連


依田 潔(エレクタ株式会社)
最新の5mmリーフの特徴と呼吸性移動対策に関して
エレクタの呼吸性移動対策ソリューションであるSymmetryに関して概説しています。

FFF関連


Keiichi Nakagawa, Akihiro Haga, Akira Sakumi, Hideomi Yamashita, Hiroshi Igaki, Takashi Shiraki, Kuni Ohtomo, Yoshio Iwai and Kiyoshi Yoda
"Impact of flattening-filter-free techniques on delivery time for lung stereotactic volumetric modulated arc therapy and image quality of concurrent kilovoltage cone-beam computed tomography: a preliminary phantom study"
J Radiat Res (2014) 55 (1): 200-202
エレクタ製の臨床研究用リニアックを用いてFFFビームの特性を評価した論文です。従来3分半かかっていた肺SBRTの照射時間が1分半になることをファントム試験で確認しました。さらに、同時CBCT撮像を試行した結果、投影画像数の低減に伴い、ファントム画像の画質は劣化するものの、位置決めには問題がないことが確認できました。

Elekta VMAT関連


Yudai Kai, Ryo Toya, Tetsuo Saito, Akiko Kuraoka, Yoshinobu Shimohigashi, Yuji Nakaguchi, Masato Maruyama, Ryuji Murakami, Yasuyuki Yamashita, Natsuo Oya
"Plan quality and delivery time comparisons between volumetric modulated arc therapy and intensity modulated radiation therapy for scalp angiosarcoma: A planning study"
Journal of Medical Radiation Sciences 239
頭皮血管肉腫に対するMonaco VMATの有用性を報告した論文です。5門または9門step and shoot IMRTと VMATで治療計画した結果、9門IMRTとVMATは、ほぼ同じ線量分布を与えましたが、照射時間は9門IMRTが14分・VMATは3分でした。Monacoによる頭皮血管肉腫のVMATプランの優位性を確認しました。

Tsuyoshi Takanaka, Tomoyasu Kumano, Shigeyuki Takamatsu, Tetsuya Minami, Wataru Koda, Toshifumi Gabata, Osamu Matsui, Kimiya Noto, Shinichi Ueda, Yuichi Kurata
"Multiple breath-hold segmented volumetric modulated arc therapy under real-time fluoroscopic image guidance with implanted fiducial markers: preliminary clinical experience"
BJR Case Rep. 2016;2:20160087
体内マーカーとアブチェスを併用して、反復息止めVMATをすい臓がんに適用した報告です。マーカー透視で絶対的な位置を確認し、回転照射中はアブチェスを使って息止め状態を監視するという巧妙な方法です。

Sarkar, B., A. Pradhan, and A. Munshi
"Do technological advances in linear accelerators improve dosimetric outcomes in stereotaxy? A head-on comparison of seven linear accelerators using volumetric modulated arc therapy-based stereotactic planning."
Indian journal of cancer 53.1 (2016): 166.
リーフ幅が0.25cmから1.00cmの6つのタイプ(Agility, MLCi, BeamModulator, mMLC, Millennium120, HD120)において、単一ターゲットにおけるSRS・SRTのVMAT計画を比較した論文です。3D-CRTではリーフ幅が狭いほうが優位であるとされてきましたが、VMATにおいては、リーフ幅における統計的有意差はないと報告されています。リーフ0.5cmを使って、FFとFFFビームによる検証もされています。

Yoshio IWAI, Shuichi OZAWA, Tatsuya AGEISHI, Roberto PELLEGRINI and Kiyoshi YODA
"Feasibility of single-isocenter, multi-arc non-coplanar volumetric modulated arc therapy for multiple brain tumors using a linear accelerator with a 160-leaf multileaf collimator: a phantom study"
Journal of Radiation Research 55.5: 1015-1020
複数転移性脳腫瘍に対する単一アイソセンターのMonaco VMATで立案し、線量検証を報告した論文です。ターゲット数が9と14のファントムが用いられています。

Onal C, Arslan G, Parlak C, Sonmez S
"Comparison of IMRT and VMAT plans with different energy levels using Monte-Carlo algorithm for prostate cancer"
Jpn J Radiol. 2014;32:224-32
中リスク前立腺がん12症例の治療計画を、Monacoを用いて6、 10、 15MVで立案し比較評価した結果、IMRTおよびVMATであれば、線量分布、MUがほぼ同じであることを示しています。従来の類似論文に比べて、詳細な比較結果がまとめられており、リニアック新規導入時のエネルギー選択決定時に参考になると思われます。

Tanooka M, Doi H, Miura H, Inoue H, Niwa Y, Takada Y, Fujiwara M, Sakai T, Sakamoto K, Kamikonya N, Hirota S
"Three-dimensional radiochromic film dosimetry for volumetric modulated arc therapy using a spiral water phantom"
J Radiat Res. 2013 Nov;54:1153-9
VMAT検証用の新しい水ファントムの物理検証に関する兵庫医科大学の論文です。ガフクロミックフィルムをスパイラル面に配置しています。

Haga A, Sakumi A, Okano Y, Itoh S, Saotome N, Kida S, Igaki H, Shiraishi K, Yamashita H, Ohtomo K, Nakagawa K
"Dose verification of volumetric modulated arc therapy (VMAT) by use of in-treatment linac parameters"
Radiol Phys Technol. 2013 Jul;6(2):335-42
VMAT治療中に記録したリニアアックの動作パラメータを治療計画装置に転送し、線量分布を再計算して評価した東大の論文です。

Ogino R, Hosono M, Ishii K, Tatsumi D, Tsutsumi S, Miki Y, Masuoka Y, Shimatani Y, Miki Y
"A dose-volume intercomparison of volumetric-modulated arc therapy, 3D static conformal, and rotational conformal techniques for portal vein tumor thrombus in hepatocellular carcinoma"
J Radiat Res. 2013 Jul;54:697-705
肝細胞癌における門脈内腫瘍塞栓の治療計画結果を比較検討した大阪市立大学の論文で、VMATの有効性を示しています。

K. Fujimoto, K. Tateoka, Y. Yaegashi, K. Shima, J. Suzuki, Y. Saito, A. Nakata, T. Nakazawa, T. Abe, M. Yano, M. Someya, K. Nakata, M. Hori, M. Hareyama and K. Sakata
"Effects of Beam Startup Characteristics on Dose Delivery Accuracy at Low Monitor Units in Step-and-Shoot Intensity Modulated Radiation Therapy"
International Journal of Medical Physics, Clinical Engineering and Radiation Oncology Vol. 2 No. 1, 2013, pp. 1-5
Step and shoot IMRTで低MU照射する時に、ビーム立ち上がりが線量に与える影響を検討した札幌医大の論文です。最初の照射セグメンントと2つめ以降で、傾向が違うことを実験的に明らかにし、その理由を考察しています。

Kunishima N, Naoi Y, Yoda K
"Anatomy-based volumetric modulated arc therapy for a prostate cancer patient with a hip prosthesis"
J Radiat Res. 2013 Mar;54:398-400
人工股関節を有する前立腺がん患者に対するVMATの治療計画手法を提案した自衛隊中央病院の論文です。

Nakagawa K, Haga A, Kida S, Masutani Y, Yamashita H, Takahashi W, Sakumi A, Saotome N, Shiraki T, Ohtomo K, Iwai Y, Yoda K
"4D registration and 4D verification of lung tumor position for stereotactic volumetric modulated arc therapy using respiratory-correlated cone-beam CT"
J Radiat Res. 2013 Jan;54(1):152-6
呼吸性移動を伴う肺腫瘍を4D CBCTで位置決めし、さらにVMAT中の4D CBCTにより治療直後に肺腫瘍位置を検証するワークフローを提案した東大の論文です。治療計画CT撮像、治療直前の位置決め、照射中いずれも呼吸抑制しています。

Tatsumi D, Nakada R, Yomoda A, Ishii K, Tsutsumi S, Inoue M, Ichida T, Hosono MN, Miki Y
"Minimum requirements for commissioning and long-term quality assurance of Elekta multi-leaf collimator for volumetric modulated arc therapy"
Radiol Phys Technol. 2013;6:98-106
VMATに関して、エレクタ製マルチリーフコリメータのコミッショニングと長期的な精度管理指針を提案した大阪市立大学の論文です。

Miura H, Fujiwara M, Tanooka M, Doi H, Inoue H, Takada Y, Kamikonya N, Hirota S
"Dosimetric and delivery characterizations of full-arc and half-arc volumetric-modulated arc therapy for maxillary cancer"
J Radiat Res. 2012;53:785-90
上顎癌VMATにおいて、ハーフアークとフルアークの計画をMonacoで立案し、線量分布と照射特性を比較した兵庫医科大学の論文です。ハーフアークは、フルアークと同等の線量分布をPTVに与えながら、注意臓器への平均線量を低減でき、さらにMUおよび照射時間も低減できることを示しています。

Nakagawa K, Kida S, Haga A, Masutani Y, Yamashita H, Onoe T, Imae T, Tanaka K, Ohtomo K, Yoda K
"4D digitally reconstructed radiography for verifying a lung tumor position during volumetric modulated arc therapy"
J Radiat Res. 2012;53:628-32
VMAT照射中の肺腫瘍輪郭をBeam’s eye view表示した4次元DRRを提案した論文です。ガントリ角ごとに呼吸位相を計算して対応する位相の肺腫瘍輪郭を用いてDRR表示しています。

Sakumi A, Shiraishi K, Onoe T, Yamamoto K, Haga A, Yoda K, Ohtomo K, Nakagawa K
"Single-arc volumetric modulated arc therapy planning for left breast cancer and regional nodes"
J Radiat Res. 2012;53:151-3
ElektaのマルチリーフコリメータMLCiの強度変調可能な照射野幅が広いことを活用して、リンパ節を含む乳腺VMATが単一アークで計画可能なことを示した論文です。スプリットフィールドを用いない臨床的な利点を強調しています。

Kida S, Saotome N, Masutani Y, Yamashita H, Ohtomo K, Nakagawa K, Sakumi A, Haga A
"4D-CBCT reconstruction using MV portal imaging during volumetric modulated arc therapy"
Radiother Oncol. 2011;100:380-5
肺腫瘍のVMAT照射中のMVポータル画像を用いて4D CBCTを再構成した世界初の報告です。

Tatsumi D, Hosono MN, Nakada R, Ishii K, Tsutsumi S, Inoue M, Ichida T, Miki Y
"Direct impact analysis of multi-leaf collimator leaf position errors on dose distributions in volumetric modulated arc therapy: a pass rate calculation between measured planar doses with and without the position errors"
Phys Med Biol. 2011;56(20)
VMAT照射におけるElekta製MLCiのリーフ誤差が線量分布に与える影響を評価する方法を提案し、実測結果を報告した最初の論文です。

Yoda K, Nakagawa K, Shiraishi K, Okano Y, Ohtomo K, Pellegrini R
"Dose verification of intensity-modulated arc therapy using an ERGO++ treatment planning system and Elekta internal multileaf collimators for prostate cancer treatment"
Br J Radiol. 2009 Apr;82(976):328-31
リニアックコントローラがまだVMATに対応する前に、商用TPSで世界で最初にIMATの治療計画を立てて、線量検証を報告した東京大学の論文です。

Haga A, Nakagawa K, Shiraishi K, Itoh S, Terahara A, Yamashita H, Ohtomo K, Saegusa S, Imae T, Yoda K, Pellegrini R
"Quality assurance of volumetric modulated arc therapy using Elekta Synergy"
Acta Oncol. 2009;48(8):1193-7
エレクタのリニアックコントローラのログファイル機能を用いてVMAT照射中の機械パラメータなどを実測し、治療計画装置からの処方と比較して制御誤差を評価すると共に、実測パラメータを治療計画装置に送り線量分布を再計算した東京大学の論文です。エレクタのログファイル機能をVMATの検証に利用したのは、この報告が世界初です。



Elekta Software


Monaco®関連


Yudai Kai, Ryo Toya, Tetsuo Saito, Akiko Kuraoka, Yoshinobu Shimohigashi, Yuji Nakaguchi, Masato Maruyama, Ryuji Murakami, Yasuyuki Yamashita, Natsuo Oya
"Plan quality and delivery time comparisons between volumetric modulated arc therapy and intensity modulated radiation therapy for scalp angiosarcoma: A planning study"
Journal of Medical Radiation Sciences 239
頭皮血管肉腫に対するMonaco VMATの有用性を報告した論文です。5門または9門step and shoot IMRTと VMATで治療計画した結果、9門IMRTとVMATは、ほぼ同じ線量分布を与えましたが、照射時間は9門IMRTが14分・VMATは3分でした。Monacoによる頭皮血管肉腫のVMATプランの優位性を確認しました。

Jan Seppala, Aleksi Voutilainen, Janne Heikkila, Marko Vauhkonen
"Surface doses of flattening filter fee beams with volumetric modulated arc therapy dose delivery for breast cancer"
Physics and Imaging in Radiation Oncology 2 (2017) 17-2
乳房照射における懸念点である表面線量に着眼し、Monacoの計算結果と測定を比較した論文です。
Monacoでは接線照射、接線DMLC、接線VMAT、VMATの4つをFFとFFFを用いて作成し比較しています。表面線量計算の精度が高いことと、6MVのFFF、変調ビームを使うことにより、皮膚線量が軽減する結果が報告されています。

Sarkar, B., A. Pradhan, and A. Munshi
"Do technological advances in linear accelerators improve dosimetric outcomes in stereotaxy? A head-on comparison of seven linear accelerators using volumetric modulated arc therapy-based stereotactic planning."
Indian journal of cancer 53.1 (2016): 166.
リーフ幅が0.25cmから1.00cmの6つのタイプ(Agility, MLCi, BeamModulator, mMLC, Millennium120, HD120)において、単一ターゲットにおけるSRS・SRTのVMAT計画を比較した論文です。3D-CRTではリーフ幅が狭いほうが優位であるとされてきましたが、VMATにおいては、リーフ幅における統計的有意差はないと報告されています。リーフ0.5cmを使って、FFとFFFビームによる検証もされています。

Maree Wood, Amara Fonseca, David Sampson, Anddrew Kovendy, Justin Westhuyzen, Thomas Shakespear, Kirsty Turnbull
"Prostate intensity-modulated radiotherapy planning in seven mouse clicks; Development of a class solution for cancer"
Reports of Practical Oncology and Radiotherapy 21 (2016) 567-570
Monacoを使ったClass solution:前立腺のIMRT実施において、MonacoのプランテンプレートをClass Solutionとして活用できるか調査した論文です。Monacoのテンプレートを使って72のテストケースをBatch Optimizationで計算させた結果、80%超がプランを修正することなく基準を満たすプランが出来たと報告されています。

Yoshio IWAI, Shuichi OZAWA, Tatsuya AGEISHI, Roberto PELLEGRINI and Kiyoshi YODA
"Feasibility of single-isocenter, multi-arc non-coplanar volumetric modulated arc therapy for multiple brain tumors using a linear accelerator with a 160-leaf multileaf collimator: a phantom study"
Journal of Radiation Research 55.5: 1015-1020
複数転移性脳腫瘍に対する単一アイソセンターのMonaco VMATで立案し、線量検証を報告した論文です。ターゲット数が9と14のファントムが用いられています。

Yun I. Tan, Mohamed Metwaly, Martin Glegg, Shaun P. Baggarley, Alex Elliott
"Evaluation of six TPS algorithms in computing entrance and exit doses"
Journal of Applied Clinical Medical Physics 2014; 13: 229-240
浅部線量および深部線量において、6つの計算アルゴリズムで比較した論文です。ポイント線量、プロファイルいずれにおいてもMonacoのモンテカルロが実測結果と良い一致を示しています。

Florian Stieler , Jens Fleckenstein, Anna Simeonova, Frederik Wenz, Frank Lohr
"Intensity modulated radiosurgery of brain metastases with flattening filter-free beams"
2013 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved. Radiotherapy and Oncology 109 (2013) 448-451
Versa HDとMonacoを用いた脳定位照射(20 Gy/1fr)に関する論文です。
FFFはFFと比較して、プランの質を保ちつつ同一MUで時間が半分以上低減しており、実測結果とも良い一致が見られております。Versa HDとMonacoを用いた定位照射の有用性が示されています。

Judit Boda-Heggemann , Sabine Mai , Jens Fleckenstein, Kerstin Siebenlist, Anna Simeonova, Michael Ehmann, Volker Steil, Frederik Wenz, Frank Lohr, Florian Stieler
"Flattening-filter-free intensity modulated breath-hold image-guided SABR (Stereotactic ABlative Radiotherapy) can be applied in a 15-min treatment slot"
Radiotherapy and Oncology 109 (2013) 505-509
通常、呼吸性移動を考慮するために治療時間がかかってしまう体幹部定位放射線治療を、MonacoとVersa HDの組み合わせで治療した報告です。FFFで短時間照射を行うことで、呼吸性移動を考慮した場合と同等の結果を得ています。

Wataru Takahashi, Hideomi Yamashita, Naoya Saotome, Yoshio Iwai, Akira Sakumi, Akihiro Haga and Keiichi Nakagawa
"Evaluation of heterogeneity dose distributions for Stereotactic Radiotherapy (SRT): comparison of commercially available Monte Carlo dose calculation with other algorithms"
Radiation Oncology 7 (2012) 20-27
肺野の定位放射線治療の計画において、4つの計算アルゴリズムによる結果を比較した論文です。それぞれのアルゴリズムの違いが報告されています。

Miura H, Fujiwara M, Tanooka M, Doi H, Inoue H, Takada Y, Kamikonya N, Hirota S
"Dosimetric and delivery characterizations of full-arc and half-arc volumetric-modulated arc therapy for maxillary cancer"
J Radiat Res. 2012;53:785-90
上顎癌VMATにおいて、ハーフアークとフルアークの計画をMonacoで立案し、線量分布と照射特性を比較した兵庫医科大学の論文です。ハーフアークは、フルアークと同等の線量分布をPTVに与えながら、注意臓器への平均線量を低減でき、さらにMUおよび照射時間も低減できることを示しています。

Yoda K, Nakagawa K
"Extension of Van Herk's treatment margin model for anisotropic systematic positioning errors in cartesian coordinate system",
Med Phys. 2011;38:3913-4
PTVマージン計算で広く用いられているvan Herkの球座標系の式を直交座標系で非等方性系統位置誤差モデルに拡張した報告です。

XiO®関連


E. J. Vandervoort, E. Tchistiakova, D. J. La Russa, and J. E. Cygler
"Evaluation of a New commercial Monte Carlo dose calculation algorithm for electron beams",
Med. Phys. 41, 021711 (2014)
XiO電子線モンテカルロ計算の有効性を評価するため、水ファントムと電子線ダイオード、頸部を模した不均質ファントムとラジオクロミックフィルムの2つの系を使って、計算と測定を比較した論文です。不均質ファントムでも3%/2mmの3D γ解析で98%のマッチングが示されています。