放射線治療とは

放射線治療は、外科手術・抗がん剤と並ぶがんの治療法のひとつで、がんに放射線をあてることにより細胞を死滅させてがんを退治する方法です。臓器を摘出する必要がないため、治療後も治療前と同じ生活を送ることができます。

また、治療にあたっての長期入院は不要で、普通の生活の中で通院しながら治療を続けることも可能です。同様に、がんの周囲にある正常組織にあたる放射線量をできるだけ少なくして副作用を抑えられることも、メリットのひとつです。がんの種類などによって放射線治療を選択できない場合もありますが、このような数々のメリットから放射線治療に対する社会の関心は高まり、マスコミで取り上げられる機会も大変多くなってきました。
放射線治療に使われる機器も、患者様の負担をできるだけ軽減しながら高い治療効果を上げるという点を重視する各メーカーの努力によって、急速な進化を遂げています。日本国内の医療施設に導入される治療機の台数も、現在では米国に次ぐ世界第二位の規模にまで伸びてきました。
一方で、日本の治療実施体制は欧米に比べるとまだまだ整備が必要です。スタッフが不足している中で、高精度な治療を目指して高度化し複雑化し続ける治療ワークフローをいかに効率化するかという点も、機器の開発において大変重要です。あわせて、高品質なサポートやトレーニングを提供して放射線治療に携わる方々をサポートすることも、私たちメーカーの大きな使命だと考えています。