ガンマナイフ治療について

image

最新の頭部ラジオサージャリー装置
切らずに治す脳疾患

ガンマナイフ治療の流れ


1.診察

2.フレームの取り付け

治療中の最大限の 正確性を保証するため、患者の頭部にレクセル・ステレオタクティックフレームを 取り付けます。

3.撮像

画像は治療直前に撮影し、ターゲットの形やサイズ、位置を確認します。


4.治療計画

画像をもとに各患者に適した治療計画を作成し、ターゲ ットへの放射線量を最適にします。治療計画はその後ガンマナイフシステムに転送されます。

5.治療

計画に従って、自動的にターゲットを照射します。治療中はインターコムシステムで患者を監視できます。

6.フォローアップ

ラジオサージャリーの効果には時間がかかります。