Elekta AB社長あいさつ

image

Elektaは、がんや脳疾患の治療分野における卓越したイノベーションやクリニカルソリューションを、他に先駆けて提供してきた放射線治療のパイオニア企業です。
当社は放射線治療やラジオサージェリー、小線源治療をサポートする、優れた治療機器と治療計画システム、さらにはがん治療全体のワークフローを強化する情報システムを開発しました。科学技術の限界を超え、医療従事者と患者様に信頼される高度で効率的なソリューションを提供することによって、患者様のQOL(生活の質)を高め、命をささえることを目指しています。


イメージガイド放射線治療や定位放射線治療といった、健常組織を避けながら高い正確性をもって積極的な治療を実施できるソリューションにおいて、Elektaは世界をリードしてきました。
さらに、顧客パートナーとの強い協力関係に基づく共同研究によって、高度なクリニカルソリューションと情報システムを開発しています。そうした努力を通して、医療制度に対応しながら同時に医療費の削減や患者様の負担を軽減する治療方法の提供に取り組んでいます。


Elektaは、カロリンスカ研究所(スウェーデン/ストックホルム)の脳神経外科教授であったLars Leksellによって、1972年に創立されました。
現在、世界中の6000もの医療施設でElektaのソリューションが使用されており、毎日10万人を超える患者様がElektaのソリューションによる治療を受けています。

 

リチャード・ハウスマン Elekta AB CEO